So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

エンドラーズの新カラー、それに新たな原種卵胎生魚達です、新新(笑)

This is the introduction of the Endlers of the new color that appeared after a long time, and New arrived Wild livebearers from Germany,the thanks of Mr.Claus Osche .

今回は久々に現れた我がエンドラーズの新しいカラーと、ドイツのDGLZオークションで入手した原種卵胎生魚達を紹介します。

1.エンドラーズ・フルオレンジ -Endlers Full Orange Body
DSC_0010.JPG
DSC_0009.JPG


ボディ全体が濃い橙色、オレンジボディの水槽から出現しました。
All body have deep orange colour, came from Orange body strains.

DSC_0194.JPG
DSC_0007.JPG


I have been those strain for almost 15 years, but still have many DNA versions, I'm so suprized^^.

このオレンジボディ、彼此15年維持してますが、まだまだ変幻自在の遺伝子が(笑)、「隣の水槽から跳んだんじゃ、、」みたいな、そうじゃなきゃ、お決まりの「突然変異」、、まあ言いたい事言えば!!って感じで笑ってますけど(爆)。とにかく「特美」のお魚です、これだからエンドラーズは辞められない、ですかね^^。


2.New comers Wild Live bearers 2018
新着の原種卵胎生魚達

 今回はドイツには行かれませんでしたが友人のクラウスさんに依頼してDGLZのオークション に行ってもらって色々な魚を入手して頂きました。昨年入手したものの維持出来なかった魚も含 めて10種類の魚を入手しました。原種故というか其々個性があって殖やすのは一苦労なんですが それ故に楽しい、、「オタク」と呼ばれても致し方ないのかな(爆)。
 I couldn't went to DGLZ Auction in Germany, but My friend Mr.Claus Osche got very nice fishes
for me .I am very thankful for his great work.

1. Xiphophorus Variatus La Lagna,-San Luis, Potoshi, Mexico-2000 collection
DSC_0212.JPG
DSC_0246.JPG

2. Poecilia Kykeisis -Laguna de Catazaja, Mexico 2017 collection caught by Mr.Thomas Tillman
DSC_0083.JPG

3. Quintana Atrizona - Guanimar,Cuba -1987 collection

DSC_0047.JPG

4. Priapichthys nigroventralis
DSC_0111.JPG
DSC_0110.JPG

5. Xenophallus umbratilis

DSC_0225.JPG
DSC_0224.JPG
I already got their fry^^
難しそう、、でも産仔しました^^。
DSC_0256.JPG

6. Limia Zonata -Piedra Branca,Domminican Rep. -2012 collection
DSC_0259.JPG

7. Xiphophorus Xiphidium 1 spot - Santa Engracia Mexico

DSC_0240.JPG

8. Xiphophorus Xiphidium Crescent-Rio Soto, La marma, Tamaulipas, Mexico
DSC_0235.JPG



9. Xiphophorus Xiphidium 2 spot -Rio Prification Tamaulipas, Mexcico
DSC_0037.JPG


10. Xiphophorus Maculatus -San Felipe Puente Felipe Angel @ Hwy186 40km sw. Escargena,Campeche Mexcico
DSC_0088.JPG


さてさて、これだけの魚達に囲まれてとっても「幸せ」な気分なんですが、ご存知の通り、お魚飼育は大変な重労働、それに「殖やす」、そして何とか「原種卵胎生魚」のマーケットを作りたい、そんな妄想を現実にするために頑張りますよ^^。
それでは^^^。





nice!(0)  コメント(4) 

Memorial of Today (Sep.11th. 2018) 酷暑明けましたかね^^

On September 11, it is the day of the "World Trade Center bombing" that turned my life into a turning point. I worked about half a mile from WTC at that time, I saw the second explosion with my eye, I have witnessed the evacuation afterwards, the collapse of the building in the Washington Square Park. Although I decided to return to Japan for permanent residence to the very different of my own identity with the American citizen including my family afterwards, ,,,,.

9月11日、、私の人生の転機となった「ワールドセンター爆破」の日です。私は当時ワートレから半マイルぐらいのところに勤務、2度目の爆破はこの目で見たし、その後の避難、ビルの崩壊もワシントン広場で目撃しています。その後の家族を含めた米国市民と自分のアイデンティティのあまりの違いに日本への永住帰国を決意したわけですが、、、。
When I came baked to Tokyo, Japan, I started Endlers breeding, I got those Lagna Orange from Mr.Ito friend with Japan Livebearer associations. after that I visited Adrian H. in Miami, I got some variety of strains. 2007, I got anoither caught endkers from Mr.Armand Pou.
そんな事情で帰国して始めたのがエンドラーズの飼育でした。2004年、当時の日本卵胎生協会の伊藤さんにいただいた通称「ラグナ・オレンジ」は、15年維持してきていますが、今だに見事なフィンディスプレー」を見せて私を楽しませてくれています.Yahooオークションやお店でもこの品名でだいぶ売られてきましたが、出所は私のところですが売られている魚の99%はグッピーとのHB.あるいは違うエンドラーズとの掛け合わせ、まるで1993年の「日本初上陸エンドラーズ」で売られたまがい物ですかね(爆)。

Endlers 2002 SB.Lagna Orange (ラグナ・オレンジ)
DSC_0020.JPG
DSC_0016.JPG

同じく2004年米国出張の折に訪問したマイアミに住むAdrian君を訪問し、アルマンドさんが同年に採集してきたエンドラーズも、2006年に直接アルマンドさんから購入した系統も、今だに元気で泳いでいます。

Endlers SB.2004 Orange -Dott
DSC_0037.JPG

Endlers 2006 SB.Oseibo Year-end Gift
DSC_0009.JPG

エンドラーズを「原種卵胎生魚」として愛し、維持してきた私ですが、ご存知の通り、最近ではエンドラーズ以外の「原種」への興味が果てしなく拡がってきています。極々少数(失笑)の仲間達だけで維持している魚達ですが,シフォフォルス(Xiphophorus)、ソードテールやプラティの原種達
が我が水槽では順調に殖えています。今回改めてご紹介する通称「タバスコ」はとても美しい赤色に縞模様の♂、まったく無色の♀という品種です。この色の違いが孵化して1か月で判明するので雌雄が判別できてしまうユニークな魚です。

Aqua-sol, Palenque, Tabasco. Mexico 2002(パレンケ、アクア ソル タバスコ。メキシコ 2002 年)
DSC_0023.JPG

DSC_0022.JPG
この他の「原種もぞくぞく殖えているのでまたご紹介させていただきます^^。


この場を借りて9月16日(日曜日)におこなわれる「世界の十姉妹展」を紹介します。勿論私も優勝めざして「出品」します。

「第19回 世界の十姉妹展」 主催:日本十姉妹アカデミークラブ 日時:9月16日(日曜日)10時より 場所:隅田川リバーサイドギャラリーhttp://paa.daa.jp/asakusa/akusesu.html

 ・オランダのフレッドパニオ氏が作出したヨーロッパ十姉妹と日本伝統の芸物十姉妹などのコン  テストです。  ;会員作出の十姉妹を無料でプレゼント(13時開始)  :十姉妹に関する講演、手乗り十姉妹の作出法な
それでは^^
nice!(3)  コメント(1) 

My Livebearer collections as of Today, 私の 原種卵胎生魚 コレクションの現在

Too hot summer, 36 C. over almost every day in Tokyo I live.. I am turning on the air conditioner for 24 hoursin my fish-room and bird room for keeping 28C.It is a day we are tired of the weather forecast where the end of this heat is completely uncertain.
But My fishes are fine.
All my Xiphopholus maculatus 1 have been kept 3 different loctions have fry of all, 3 variatus have fry too, New coming Brachyrhaphis roseni and Limia vittata also have fry. I took their photos below.
暑すぎますよね、毎日36度越え、いつ終わるのかまったく触れない「天気予報」見てると「地球」ホントにヤバいんじゃない、、、そんな不安に駆られる気分です。
魚部屋も小鳥小屋も24時間クーラー付けっぱなし、そのおかげでお魚いたって元気に殖えています。
原種卵胎生魚はマキュレータス、ヴァリアタスに加えて新参入のロゼニー、10年以上久しぶりに来たリミア・ヴィッタータも産仔してます。今回はそれらのお魚紹介です。

その前にエンドラ爺ならではの「エンドラーズ」のうん蓄を画像と共に(笑)
最近は滅多にお見えになりませんが、エンドラーズ見たい、欲しいという皆様が拙宅に来られると
まず見ていただく60センチ水槽があります、名付けて「2006コロニアル水槽」
「色々品種として名付けられたエンドラーズいますけど繁殖しても入手した親とは微妙に違う、エンドラーズは代を重ねるごとに変化する、実はこれが最大の楽しみなんですよね、この水槽のエンドラーズは2006年12月にアルマンド・ポーさんがベネズエラのクマーナ、ラグナデパトスで採集してきて選別してないF1を2007年5月に名古屋在住の内海さんと共に譲り受けてそのまま飼い続けている水槽なんです、色んなボディカラーの魚がいますよね、これが現地で泳いでいるエンドラーズなんだとイメージしてみてくださいね」と話して来ました。ここから「面白いな」って取り出して固定?したのが「お歳暮」であり「ブルーネオン」なんですが^^。
DSC_0011.JPG
DSC_0052.JPG

. Brachyrhaphis roseni
今から10年以上前に魚友伊藤氏から分けていただいてそれなりに殖やしていたロゼニー、若い3ペアが60c水槽を所狭しと泳ぎ回っています。小さく細い雄が、豊満で大きな♀を後ろから追いかける様が実に愛嬌があって楽しいですよ。
DSC_0073.JPG
DSC_0020.JPG

  Limia vittata
リミアもメラノガスターやベルギアエなどは入ってきていましたが、このヴィッタータは久しぶりです。採集年、最終場所、採集者まで付けられた貴重なお魚です。
 Limia Vitata They are collected from "Bay of pigs" ( Cuba, Bahia de Cochinos),west direction from Penisula de Zapata, Povonce Matanzas. Collected from Mr. Klaus Schneider in the year 2000.
DSC_0006.JPG
DSC_0008.JPG

 Xiphophorus Variatus La Laguna
 去年ドイツで行われたDGLZのオークションで入手したこの魚はロケ付でしたが、今回のは付いていません、が別の美しさを持った3色ヴァリアタスです。
DSC_0045.JPG

まだまだご紹介したい魚いるんですが今回はここまで、、、、他の魚友と同じよう?に懲りない性分は、、、馬鹿者ですんで「出雲」から(爆)。
DSC_0076 (1).JPG

それではまた

 




nice!(1)  コメント(0) 

友達の友達は友達じゃないよね、お魚巡る哀しいお話

まずは魚問屋株式会社リオさんから
「エンドラ爺ブリード」第二弾がリリースされました。
http://rio-fish.com/20180313-2/

今回は私のお魚を巡るとてつもなく、ミットモないお話です、こういう事も含めて
崩壊した感のある熱帯魚マーケットを最初から作り直していかなければ、というのが
「リオ」社を通してのお魚販売の理由なのですが。

先月の下旬頃から、何人かの魚友達から
「先輩の親しい台湾在の友人の魚が石神井の熱帯魚店で売られてますよ、ブログで見たんですが、当人の名前の付いたお魚もいますよ」という私のとっては怒り狂う事態が起こっていたのです。
さっそく台湾の友人に
「何勝手なことやってんだ!!」と怒号をあびせたんですが
本人はそんな事絶対してないよ、とのこと。
日本からもカラかい半分なのか彼のメッセージャーに
「お前の魚売ってたから買ってやったよ」みたいな写真添付のメッセージが送られるに及んで
私が販売店のブログのアドレスを添付、https://blog.goo.ne.jp/penguinvillage1992/d/20180215
彼からのメッセージは以下なるものでした。

"今年の初め頃だったか、台湾の輸出商が私の温室にやってきて、私の魚を世界中に売り込みたいので♂だけ撮影用に譲って欲しい、といわれて提供したのがこのお店のブログにあるお魚達です。"
どういう理由で日本で売られているのかは私には理解出来ません。私は貴殿が日本における卵胎生魚の減少を食い止めるべく流通システムへのコミットを始めていることを理解しているので、非常に不可解な出来事です。

台湾と日本の個人のブローカーの仕業なのか、問屋さんが絡んでいるのかは定かではありませんが
非常に残念な出来事ですよね。

私のエンドラーズでも色んな不愉快な出来事が起きてきました。
今でも「熱きグッピー・ブリーダー」と評判の方が拙宅に来られて「このエンドラーズのボディのグリーンぜひ検定してみたいんですけど、、」と3,4ペアお渡ししたら、、数か月後に大手ネット販売店で「販売中」、私はいまだに彼の事を「泥棒」とニックネームを付けて呼んでいます(爆)。勿論、私を含めて生き物のブリーダーは「お金が絡んでいない人」ほどお人好しが多く、脇が甘い、というのは反省点なんですが、10余年に渡って私のブリードしたエンドラーズが「稀少」であるのは、原種卵胎生魚」として真摯に向き合ってきた私の拘り、とそれを本気で受け止めてくれたホントの仲間(5人に満たない)のおかげです。ドイツの友人達から送られ、ブリードした魚達を無償でお渡しするのはその仲間たちだけ、と決めたのも、「友達」の先にウヨウヨしている小金欲しさの皆様とは無関係、無関心でいたい、と強く思うからなのです。とっても哀しいけど、それが「現実」と受け止めるしかないのかも。

ところで「原種卵胎生魚」バリアタスのLalagunaという何でもないロケの付いている魚なんですが
ようやく素晴らしい「3色バリアタス」になってきました。
振り返れば、亡くなった筒井さんが彼のお店で120[コピーライト]水槽2本使って最後に無性にブリードされて作出出来なかった究極の「変態・卵胎生魚」がこの魚だったんではないかと、
DSC_0073.JPG
私はこの魚を
「変態」2018
と名付けました。私の「変態めだか」への拘りを少しでもご理解いただきたく存じます。
グッピーの解明不能んほど、複雑に入り組んだ「DNA]の表出が「変態めだか」なんだ、というのが
「主流」となりつつあるご時世なのですが、、、、。







nice!(0)  コメント(0) 

超久しぶり、、、ていうか新規一転という事で(笑)

The password for this blog did not update as much as I forgot
The number of accesses can not be reduced even without the update, 10,000 people a month, it is said that you have access to 1.3 million since the start.
This is a recent report of my Endlersand Wild livebearers that participated in the DGLZ contest in Germany, last September. It is my thought that the revival of the market of Livebearers in Japan which has become bottom of reduced breeders and sales We have to change to do . I selected Whle sellers distributions, then looking for new people could see my fishes , no more fake friendships
I put many photos I did today, Please have enjoyed.
「エンドラ爺さんのブログ辞めたんですか?」、私、「FBでアップしているから、、」
こうした問答は親しい仲間とし続けていたのですが、ブログのパスワードを忘れてしまう、そのくらい遠くにいってしまっていた当ブログでしたが、更新しなくとも、so-netから送られてくるアクセス数は月に1万以上、累計では7年で130万と、「どうしてなのかな?」(爆)。
ということで一年ぶりの更新となります。

 自分で書くのも恐縮ですが、私のお魚活動は依然として活発です。主にFacebookを通じて知り合った海外の「お魚友達」とネット上のやり取りから始まって、海外に出かけて実際会った(face to face)魚友達も10人を超えてきました。特に私の飼育魚コンセプトである「原種卵胎生魚」については昨年ドイツのDGLZの大会に参加、世界の「原種卵胎生魚オタク」に出会い、自分の心眼に留まったお魚を入手することが出来ました。
1.Xiphophorus maculatus Lago Izabel Guatemara
DSC_0008.JPG
DSC_0001.JPG

2.,Xiphophores Variatus Tampico, Mexico
DSC_0054.JPG
DSC_0009.JPG

3.Xiphophorus Xiphidium one spot Santa Engracia Mexico
DSC_0019 (1).JPG
DSC_0055.JPG

これら3品種は幸運に恵まれ繁殖も順調なので、今週 我がエンドラーズと共に、熱帯魚卸売 (株)リオさんからリリースさせて頂きました。
    http://rio-fish.com/20180213/
もう「友人」という方々に差し上げることは二度とない、と存じます。
友達をグルグル廻っていう間に「小金儲け」に使われただけで、、っていうのは止めにします。
グッピーを含めて卵胎生魚のマーケットは地に落ちた感があります。
お店を通して「良い魚だな!」って思って買っていただくことがなければ「市場」が再浮上することはなかろうかと、思います。
気に入ったお魚がいれば、親しい「お店」にお問合せください。
おっとっと、、、(笑)、それでは他の輸入ご紹介続けます。

4 ,Xiphophorus Variatus La Laguna Mexico
DSC_0073.JPG

5.,Xiphophorus multilineatus: RIo Coy , San Luis Potosi, Mexico
DSC_0078.JPG

この2種は難しいですね、特に5.のムルチは、、3度目の挑戦ですけど。


我が「エンドラーズ」、今まで私と共にアルマンド・ポー氏捕獲のクマーナ産を飼い続けてくれた
カープさん、名古屋の内海さん、青木さん、それに今回の問屋を通じての「流通」に骨折ってくれたCAKUMIのイズやんに感謝、我がエンドラーズ水槽群もようやく元気になってきましたね^^。
今回、リオさんを通して今回リリースしたのは以下の2種のみです。
1.Endlers SB. 2004 Orange Dot
DSC_0044.JPG
DSC_0047.JPG
2.Endlers 2006 SB. New Black peacock
DSC_0040.JPG
DSC_0041.JPG

他のエンドラーズも健在ですよ^^
3.Endlers 2004 Yellow Arch(yellow Top sword)
DSC_0012.JPG
DSC_0011.JPG
4.Endlers 2002 Lagna Orange
DSC_0036.JPG
この他、2004,2006のラグナのエンドラーズは8,9品種維持しています、グマーナ捕獲のバリエーションは全種飼育を辞めました。

FBの繋がりで米国のグッピーボトムソードのMr.Alan Bias氏とは4,5年の付き合いになります。彼の論文に私のエンドラーズの写真を貸して欲しい、ということから始まったやり取りでしたが去年7月、台湾の「世界グッピーコンテスト」の審査員で来る、ということで現地に行きお会いして頂いたのが彼のグッピー、私的に「バイアスソード」と呼んでいます。私にとってグッピーって遥か遠いお魚でしたがこのグッピーの魚としての「体型」に惚れて維持しています。これも流通経由で「お店」で入手できますよ。
グッピーの写真って難しい!!?(笑)。
バイアスソード
DSC_0061.JPG
DSC_0069.JPG
DSC_0059.JPG

このアップデートを見て、
「爺さんお金必要になったんだ??」
みたいなご心配は不必要です。
「友達」という曖昧な関係で魚維持を続ければ、身内の中で曖昧模糊としてお魚が廻っているだけ、
唯一、我らの愛する「エンドラーズ」を始めとする「原種卵胎生魚」をお披露目できるはずだった
「変態メダカコンテスト」でさえ曖昧模糊?の結果?なのか出品審査さえさせてもらえない、のです。それならお店で見ていただいて、市場を新しく作って行こう、という判断をしただけです。

それではまた


nice!(1)  コメント(0) 

2016 更新少なくて恐縮でした

My blog updated since the end of Sep. I did updated this blog only 5 times a year ,but still accesed 150.000, It's amazing for me. I think I have to updated more than this year for 017.
only 3 days left of 2016, I show my major line of Endlers and the other my stuff.
Please enjoy with my taking photos
PLEASE GREET THE GOOD NEW YEAR [晴れ]

今年もあと2日、通年で5回しか更新しなかったこのブログですが今年だけでも15万アクセス、何ででしょうかね?
今回は3か月ぶりの更新ですがお魚も元気に回復中、ローラーカナリアもコンテストで「首席」、十姉妹もそれなりに殖えていて「趣味三昧」の暮らしを初めて3年、ようやく老後の独り暮らしのリズムが掴めてきた感じがしています。

それというのも4年前に発症した心筋梗塞、その後立て続けに起こった心臓内の血管閉塞が完治したこと、加えて2,3年苦しんでいた直腸からの出血も癌によるものではなく、完治したこともあって体が「元気」になったことが生活のリズム回復に最大に寄与したのかと思います。歳と共に衰えていく「自分の体と付き合う」訓練が出来て来たことです。
体の健康なくして心の余裕=元気は生まれない、こんな言い古されている当たり前が実感として感じられるようになっている今日この頃なのです(笑)。

さてさてお魚、体の不調に相まってほとんど死滅してしまった我がエンドラーズは徐々に「私好みのエンドラーズ」に変身中です。

エンドラーズ2004 SB.レッドトップ Endlers 2004 SB Red top
この品種は家では4,5年で絶えてしまっていましたがスペインのAndres君https://www.facebook.com/andres.c.lopez.108?pnref=storyから送ってもらった魚です。
Dec.17 2016 008.jpg
当初はこのように赤いトップソードだけの単純な魚でしたが尾鰭に浮き出るような模様の出る魚がいたので固定して「私版」はこのようになっています。
Dec.17 2016 019.jpg
Dec.17 2016 021 (1).jpg
Dec.17 2016 022 (1).jpg
今の私のお気に入りNO1の品種ですかな^^。

エンドラーズ2006SB.お歳暮 Endlers2006 SB. OSEIBO(Year-end GIFTS)
これもandres君からの贈り物、以前彼に送った 魚が戻ってきました。
私が飼育している「オレンジ系」の中でも抜群に赤いボディに癒されます。
Dec.17 2016 033 (1).jpg
Dec.17 2016 034.jpg
Dec.17 2016 044 (1).jpg
Dec.17 2016 047 (1).jpg

その他のエンドラーズも回復途上、来年が楽しみです^^。

エンドラーズ2004SB.イエローアーチ Endlers 2004 SB. Yellow Top
Dec.17 2016 117.jpg

エンドラーズ2006 SB. ブラックハット Endlers 2006 SB. Black Hat
Dec.17 2016 132 (1).jpg
Dec.17 2016 124.jpg
Dec.17 2016 126 (1).jpg

エンドラーズ2004 SB.オレンジドット Endlers 2004 SB. Orange-dot
Dec.17 2016 144 (1).jpg
Dec.17 2016 146.jpg

エンドラーズ2006 SB. エメラルドグリーン Endlers 2006 SB. Emerald Green
Dec.17 2016 133 (1).jpg
Dec.17 2016 079 (1).jpg

エンドラーズ2004 SB.フレームテール Endlers 2004 SB. Flame tail
Dec.17 2016 153 (1).jpg
Dec.17 2016 149.jpg

エンドラーズ2006 SB. ニューブラックピーコック Endlers 2006 SB. New Black Peacock
Dec.17 2016 102 (1).jpg
Dec.17 2016 104.jpg

いずれもベネズエラ クマーナ のラグナでパトス(アヒル池)で捕獲されたエンドラーズ、どれも10年以上交雑させることなく維持してきましたが、アヒル池もまもなく埋め立てされて住宅建設が始まる、と聞いています。
当時のままのエンドラーズが生き延びるのは我が家と3人の友人宅だけになるかもね、、、。

原種卵胎生魚
前回紹介したお魚達に加えて
シホホルス・ムルチネアータスX.multilineatus: RIo Coy , San Luis Potosi, Mexico-Aqualog p206(S86223-4)が8尾追加されました、
前回1,2回の少数産仔で絶えてしまったので再挑戦です。
Dec.17 2016 284.jpg
Dec.17 2016 286 (1).jpg
更に
X. xiphidium: Rio Purification,Mexico (Two Spot)-Aqualog p213( S09155-4)
シフィディーム、これも再挑戦(笑)
Nov.05 2016 071.jpg
Nov.05 2016 085.jpg

[目]プラティ
前回掲載したアルビノコーラルプラティ、順調に産仔してます、アルビノヘテロの子供たちから生まれる「赤目」に期待です^^。
Dec.17 2016 287 (1).jpg
RIMG0007.JPG

ルビー[目]のヘテロも大きくなってルビー誕生に期待が高まります。
Dec.17 2016 298.jpg

最後に小鳥(笑)。
最初に書いたようにローラーカナリアのコンテストで首席となりました。
RIMG0003 (2).JPG
オランダ輸入同士の交配の鳥ですが日本式の歌節を上手に鳴いてくれました^^。

十姉妹は今が繁殖シーズン、続々雛が育っています。
RIMG0006 (1).JPG
RIMG0005 (1).JPG

来年、といっても明々後日、からですがようやく戻ってきた気力で頑張ろうと思っています。
魚についてはFBを通じて知り合った海外のブリーダーとの交流を深めようと、7月は台湾、9月にはドイツに出かける予定にしてます。
小鳥は3月に英国からの輸入を決めました、「鳥インフレ」の影響が心配ですが、ゲット出来ればモチベーションは上がりっぱなしになるのかな(爆)。

当ブログへアクセスしていただいている皆様、良い新年を迎えて下さい。

それでは^^








































秋雨、、、でも我が家のお魚、小鳥は元気いっぱいデス^^。 My updated as of Sep.22.2016

Recently It has been depressing for rainy weather everyday.
but To my delight my fishes and birds are very good shape.
I would like to show my fishes and my birds as is Today^^.
Endlers 2004 Red top sword and 2006 Black Peacock, Some Xiphos, and Picta . then My birds as of now^^

秋雨前線停滞、とかでほとんど日差しがない毎日、合わせて何本かの台風直撃が重なり
この分では収穫期を迎える作物に影響を与え兼ねない様相ですね。
ところが我が家ではお魚、カナリア、十姉妹ともに元気してます^^。

我がエンドラーズを中心とする卵胎生魚はそれなりに管理が出来ていて、ブラインも毎日湧かして与えて
いるので順調に殖えています。
RIMG0069.JPG

エンドラーズではスペインのアンドレス君から来た「レッドトップソード」と最近名古屋の内海さんが送ってくれた
「2006、ブラック・ピーコック」が輝いていますね^^。
・Endlers 2004. Red top Sword =エンドラーズ2004SB.レッドトップソード
Sep20 2016a 178.jpg
Sep20 2016a 179.jpg

・Endlers 2006. Black Peacock =エンドラーズ2006SB.ブラック・ピーコック
Sep20 2016aa 009.jpg
Sep20 2016aa 029.jpg

ドイツのクラウスさん(Mr.Claus Osche)から大阪の藤原さん経由で入手したルチーノ・プラティ=Lucino Platy,
メスばかりなのでワイルドのマキュレータスを交配、F1のヘテロが20尾以上、既に2胎目も産仔してます。
・Lucino Platy from Mr.Claus Osche
Sep20 2016a 160.jpg
・F1 ♂Xiphophorus maculatus x♀Lucino Platy
Sep20 2016a 005.jpg
Sep20 2016a 055.jpg
・High Fin Coral Red eye Platy from Mr.Claus Osche
Sep20 2016a 162.jpg

原種ではマキュレータス2種は殖える、殖える、、水槽が賑やかで嬉しいんですが、他の原種と同様で
「里親」探しに超苦労なんで、、、ね(苦笑)、他でもミレリーやコウチアネスも殖えてますよ。
・ Xiphophorus maculatus Rio Jamapa
Sep20 2016a 168.jpg
・ Xiphophorus maculatus Aqua sol 2002
Sep20 2016a 174.jpg
・ Xiphophorus couchianus ( Huasteca Canyon, NuevoLeon,Mexico,1961 )
Sep20 2016a 189.jpg

何と久しぶりにミクロポエキリア・ピクタ・レッドも産仔、10尾以上の稚魚が泳ぐ様、、嬉しいですね^^。
・Micropoecilia picta Red(flys)
Sep20 2016a 164.jpg

小鳥部門は鳥友池谷氏のおかげで庭の新築禽舎が活動開始、
拙宅の2階にあった通称「鳥廊下」も彼の尽力で一変、
両方合わせて28個の繁殖かごと、広い追い込み部屋?で始動します。
来月の22,23日は浅草で十姉妹のコンテスト、思わず「ガンバレよ、」って訳のわからぬ呟き、、(爆)。
・池谷氏作、屋外新禽舎稼働しました^^。
RIMG0003 (1).JPG
RIMG0001 (4).JPG
・2階「鳥廊下」
 before
RIMG0014 (2).JPG
and
RIMG0008.JPG
after
RIMG0056.JPG

・我が呟きの的、出品予定の十姉妹達です^^。
RIMG0058.JPG
RIMG0063.JPG

それでは^^
































Sep20 2016a 005.jpg

ブライン復活、原種卵胎生、エンドラーズ増殖中です。Revival of Brainshurimp,The fishes Fish is rising steadily.

So hot weather in Tokyo just right now !! My fishroom, 24-hour air conditioning running.
I fed Brinshurinp everyday, so many babies are coming all of my tanks^^.
This time I show some of Wild Livebearers and very unique my Endlers.

とにかく熱い、、水槽部屋を含めて3室でエアコンほとんど一日中稼働中です。
今は番組がリオ五輪で埋め尽くされてしまっていて、私の様な一日中家にいて毎朝BSで米メジャーリーグを楽しみにしている老人にとってはちょっと(笑)、危うくイチローさんの3000本達成も見逃すところでした。在米中、年に3,4回はヤンキースタジアムに出かけていたころがとても懐かしく思い出されます。マリーンズのマッティングリー監督がヤンキースのバリバリの4番一塁手だった頃の話ですがね。大リーグのゲームはホントに凄いエンターテイメント、オリンピックの比ではない、という偏屈爺、、ごめんなさいね(爆)。
お魚の世界でも偏屈、と言われて久しい、、のですが毎日楽しく管理出来ている今日この頃です。
それでは今夜のお魚紹介です。
1.原種卵胎生魚
  大阪の魚友、藤原さんから分けていただいた5,6種の原種、いずれも順調に産仔しています。
 ①Xiphophorus couchianus ( Huasteca Canyon, NuevoLeon,Mexico,1961 )
 この魚結構昔から輸入されていましたが「殖やしズラい」と言われていましたが、我が家では順調ですね^^。
Aug09 2016 014.jpg
Aug09 2016 018.jpg
Aug09 2016 019.jpg

 ②Xiphophorus maculatus-aquasol 2002
私がデンマークのキムさんからもらった魚なんですが絶やしてしまった魚です。今回里帰りして順調に殖えています。
Aug09 2016 080.jpg
Aug09 2016 074.jpg
Aug09 2016 073.jpg

原種ではありませんが同じくドイツのClaus Osche氏から藤原さん経由で入ってきたのがこの魚、
 ③ ルチーノー・プラティ(Lucino Platy from Mr.Claus Osche, Germany) ブドウ眼のプラティ
Aug09 2016 024.jpg
♀しか入らなかったので現在原種のXiphophorus maculatus(Rio Jamapa)の♂と交配中です、卵が腹中に見られるようになってきていて、楽しみです。
Aug09 2016 108.jpg

プラティといえば我が「目指せ赤流金」も里帰りしてきていて、毎日楽しく眺めてます^^。
Aug09 2016 089.jpg

またミクロポエキリア属は繁殖がxx、、ですが 再チャレンジせよとの指令が(笑)
 ④Micropoecilia picta red ミクロポエキリア ピクタ レッド
Aug09 2016 105.jpg

さて我がエンドラーズ、
1.エンドラーズ2004 SB. オレンジボディ Endlers 2004 SB. Orange Body
  Orange body came from Adrian's Snake Skin strains. Slush Orange came from Orange body,
Now, My Orange body's tank have tthose 3 strain together^^.

オレンジボディは元々エイドリアン君の「スネークスキン」から出てきて、これが更に
 縦じまが出て「スラッシュ・オレンジ」に繋がっていくのですが、現在この水槽にはこの3種が混 泳しています。
Aug09 2016 111.jpg

Snake skin, スネークスキン
Aug09 2016 129.jpg

Orange Body, オレンジボディ
Aug09 2016 132.jpg
Aug09 2016 138.jpg

Slush Orange, スラッシュ・オレンジ
Aug09 2016 114.jpg

2.我が自慢の黒班、My faver Black bar
My 2006 Emerald Green strain have very wide and deep colour Black bar
エメラルドグリーンから見事な黒班の魚が出ています。2006年のコロニアル水槽で見られた
  魚達です。
Aug09 2016 146.jpg
Aug09 2016 139.jpg
Aug09 2016 143.jpg
Aug09 2016 144.jpg

One more,
Red Top sword came from Andres Criard Lopez, Spain, finaly have many babies^^
Thanks for Andres
スペインのアンドレス君が送ってくれた「レッドトップソード」古メス1尾だったんで不安でしたが
最後っ屁のように大量の稚魚を生んでくれました^^、
Aug09 2016 153.jpg

それでは^^































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































お魚充実中、キラキラ輝き泳ぐエンドラーズに癒されてます。The fishes is coming from friends all of the world

My Endlers breeding was about to give up once,but they has been maintained recovery now^^, I go back to the types of 12 species, almost before now. It is realized with the help Mr. Nozomu Suzuki, Kazunari Aoki and Katsuhiko Utsumi and Cakumi also Mr. MrAndres Criado Lopez inSpain.
I take care My Endlers as a Wild livebeares as you know, Those varieties I already have six enters ain my Tanks now^^. thanks Mr Fujiwara in Osaka They are F1, F2 generations and although wild fish in tank it's gradually introduces no signs of hidden crevices, but Iwill be introduced to shoot soon.
On the other hand, is a small bird Division I got called ICHIMONNJI= Straght Line small spot variety of Bengarese, only a probability of 1/1000 made out good pattern ,It'sNon-heredity law but Japanese breeders love ^^.
Summer flowers(Morning glory and Pecteilis radiata )are growing for in bloom, They will be entertaining me.
一度は諦めかけていた魚飼育でしたが、順調に回復、私が自系統として維持してきたエンドラーズも現在12種、ほぼかつての種類に戻りました。魚仲間のカープさんや青木さん、内海さん、スペインのアンドレス君の協力で実現したものです。私のエンドラーズ、私的には原種卵胎生魚なんですがその仲間である原種もシフォフォルスを中心に既に6種が入水(笑)、しています。これも大阪の藤原さんから頂きました。F1,F2とはいえ野生魚なんで水槽の隙間に隠れてなかなか撮影に同意してくれる気配はありませんが徐々に紹介していきます。
一方、小鳥部門ですが1/1000の確率でしか出来ないと言われている模様十姉妹の「一文字」が^^。
勿論「遺伝法則」に頼らない、、偶然奇跡に賭ける「日本流」品種?なのですがね(笑)。
草花も夏に向かっていろいろ準備中^^。
手元に動植物がいると、癒されることだけじゃなく人間も属する「生き物世界」の「摂理」が見えてきますね、「銭と合法」のもとでしか成り立っていない世界(舛添や甘利や小渕など、こういう「屑」がノウのうと今の時代を生きてる)を曖昧にしていればもうすぐ終焉がくるのは明らかだと、彼らは教えてくれていますね。
それでは到着しているお魚を紹介します。
1.Endlers 2006 SB. OSEIBO ( Year-end Gifts) came back from Mr.Andres Criado Lopez in ES.
「お歳暮」戻ってきました^^。見事な赤ボディにメラニン班、なかなかこういう風には決まらないんですが。

June142016 015.jpg
June142016 018.jpg
June142016 019.jpg

Endlers 2004 SB. Red top Green sword from Mr.Andres Criado Lopez
「レッドトップ」尻鰭の赤トップの下にグリーンの色が入る美種、2004年に入って5,6年しか維持出来なかったバリエーションでしたが今回は頑張って選別しながら、、楽しみです。
June142016 031.jpg
June142016 035.jpg

Xiphophorus couchianus ( Huasteca Canyon, NuevoLeon,Mexico,1961 ) from Mr.Yoshiaki Fujiwara
メラニンが強く好きな魚です。シフィディウムに近い魚でとは思いますが
色どりではない単色の極み、「変態」といわれるためにはこの美しさが理解出来ないとね(爆)。
June142016 148.jpg
June142016 156.jpg
もう産仔してます^^。
June142016 135.jpg

Brachyrhaphis episcopi (ブラキィラフィス エピスコピィ) came back from Mr.Nozomu Suzuki
カープさんから戻ってきたエピスコピィ、ようやく水槽の前面にきてフォトジェニックに^^

June142016 058.jpg
June142016 052.jpg

十姉妹・「一文字」 Bengarese [Straight Line]
1/1000の確率でしか出現しないという「一文字」獲れました^^。
日本では「遺伝法則」に基づいて繁殖する、というよりは偶然の確率に賭けて飼育する皆さまが多いようですね、その典型がこうした羽根模様を楽しむ「模様十姉妹」という部門です、「芸物」といわれる様々な巻き毛を愛する人も多いです。「綺麗」なら良い、見方によっては奥深い?趣味ですね。
これは偶然の作、ヨーロッパの大斑♂ x 白大納言(巻き毛)♀の交配で生まれました。

RIMG0002.JPG
RIMG0001.JPG

夏を彩る草花といえば「朝顔」、「サギソウ」順調に育っています。猛暑が予想される8月に一瞬の涼」を感じられればな^^。

June142016 007.jpg
June142016 005.jpg
それでは^^

魚、カナリア、十姉妹、それに加えて加えて山野草(笑)、人生満喫してますよ

To recover health conditions.I'm enjoying my retirement life,I restarted Endlers mainly 30 aquariums for fish breeding, Hartz Canary and Society finches,I breed them 50 more since Jan. , and I collected Japanese wild Orchids ( Orchis radiata, Pecteilis radiata,Dendrobium moniliforme ,and etc.)
Faced the "flora and fauna" was like from when I was a boy, take care of and sunning them, it is in our daily life now.
健康が回復して、エンドラーズを中心に30本の水槽で魚飼育建て直し中、ローラーカナリアと十姉妹が其々100羽、それにウチョウランや長生蘭などの山野草を集めていて、家中が「私の楽園」と化しています^^。少年の頃から好きだった「動植物」と向き合って、世話したり、見惚れたり、というのが「日々の暮らし」になっています。
「老後」とは言え出来る限り「世の中=社会」と関わりあって生きないとボケちゃうぞ、みたいな助言を頂くこともありますが、残り少ない貴重な時間を中途半端にこの「ぶっ壊れたお国」に関わることで「浪費」するよりも、自分の好きなことに集中したいな、と想って過ごしています。
我ら日本人が「大得意」にしてきた「予定調和」内での「記憶力」を競うだけの価値体系では如何ともしがたい「想定外」の未来に対しても、かえって「動植物」という「生」に毎日接していると、彼らが教えてくれる、見せてくれる「優しい示唆」に出会えますよ、オットット、、書きすぎだよね(爆)。
今回は私の「魚鳥花」の近況報告です。
1.お魚
 水槽の数を⒓減らして「管理可能」な状態で「もっと自由に楽しみたい」という、のが新たなス テージです。私と仲間が10年以上インブリードで維持してきたエンドラーズは「相変わらず」 楽しんでいきます(笑)。
RIMG0005.JPG
我らがエンドラーズもカープさんや青木さんの協力で現在11品種までセット出来ました。あと3品種、欲しい魚がいますがこれはスペインから近日「里帰り」の予定です^^。
Endlers 2004 SB Blue top sword ( シルク)
May152016 036.jpg
May152016 039.jpg
Endlers 2006 SB.Black Hat(ブラックハット)
May152016 042.jpg
May152016 043.jpg

原種卵胎生魚も続々復帰中^^
Brachyrhaphis episcopi (ブラキィラフィス エピスコピィ)
久しぶりにカープさん宅から我が家に里帰りしました。これは♂、小っちゃく、でも可憐、
May152016 034.jpg
♀は大きく、魚では珍しく♂より綺麗なのだ(笑)
May152016 048.jpg
昨日も大阪から魚友藤原さんが泊まりできてXiphophorus の仲間たちを4種持ってきてくれました。
藤原さんが来週日曜日大阪で行う「魚即売イベント」に我らがエンドラーズも出展されます。
関西住まいの皆さん、ぜひ出かけてみてくださいね。
aquabreedersfesta201605.jpg

今まで拘ってきた原種卵胎生魚以外でも「気に入った」魚がいたら気楽に飼おう、というのもありにしました、っていうよりもう泳いでます。
•Nannacara adoketa(ナンカラ アドケタ)
May152016 020.jpg
May152016 026.jpg
今週中にはFB経由で台湾から新しいお魚やってきます^^。

さてさて
2.小鳥
ローラーカナリア、ドイツで改良された「鳴き」声を楽しむ鳥です。10代の頃から飼育していて米国時代もたのしんでいました。今が繁殖シーズンなんですが、今年は正直苦戦しています。オランダのブリーダーからの輸入鳥を輸入業者から購入したんですが私流の飼い方では、、、オランダの方々の鳥との距離とは??鳥籠は欧米式、、でもまあ。これも大きく言えば「カルチャーギャップ」なのかな(爆)。
欧米式の素引き箱と本日の雛達です。
May152016 082.jpg
May152016 069.jpg
May152016 073.jpg

十姉妹、といってもヨーロッパで他の鳥とのハイブリッドで作られた十姉妹です。
カナリアに比べれば飼育は簡単なんですが発色が複雑な遺伝法則に基づくので頭捻って
奮闘中です。
RIMG0006.JPG
april222016 029.jpg

現在鳥友でご近所の池谷さんに我が家の小さな庭に鳥のための部屋を作ってもらっています^^。
最近屋根も付いて「家」らしくなってきました。
RIMG0004 (2).JPG
RIMG0008 (1).JPG
RIMG0001.JPG

小鳥はこんな感じですかね^^。

3.野生蘭
直径1-2cmの可愛い花を愛でるイワチドリやウチョウラン、サギソウ、葉っぱの斑模様や奇形の枝ぶりを鑑賞する長生蘭をこよなく愛しています(笑)。最近「BRUTUS」でも特集号が発売されるなど、海外ものを中心とした葉っぱブームの感、あり、ですが、私の目線に刻まれる印象次第で集めていきます^^。
今回紹介する長生蘭は日本の野山に自生するセッコクという着生野生蘭の中で葉模様の変化を鑑賞するものですが、江戸時代から愛されてきた植物で「伝統芸」の趣き、がありますよ^^。
May152016 003.jpg
May152016 002.jpg
May152016 007.jpg
May152016 011.jpg
May152016 013.jpg
丸葉も可愛い^^
May152016 008.jpg
May152016 005.jpg

長~~~~いブログにお付き合いいただき恐縮至極です(爆)
今のところ、ブログのタイトルは変える予定はりませんが、
お魚だけじゃなく、自由奔放にupdatedさせていただきます。

ちょっと「深く」考えられなくなる、、
敏感な感性の衰え感じるようになるまでは辞めません、楽しんで生きていきますよ。
それでは。



























 


前の10件 | -