So-net無料ブログ作成
検索選択
エンドラーズ2006 ブログトップ
前の10件 | -

経過良好で^^、&エンドラーズ2006ブラックハット、、 [エンドラーズ2006]

退院後2週間が経ちましたが、極めて順調な暮らしに戻っております^^。
いままでの吸いたい放題の煙草、喰いたい放題の肉、シタイ砲台(爆)を戒め、
イワユル生活習慣病からの生還を目指す日々です。
たまにイライラ、、って感じはあるのですが今のところ極めて「健康」してます。
多くの皆様からお見舞い、激励され恐縮です、ありがとうございます^^。
..................................................................
....................................................................
ところでお魚のほうは元気してます。
エンドラーズ2006ブラックハット
黒い帽子を被ったみたいなメラニン(黒)が魅力で命名しました。
May262012 166.jpg
May262012 157.jpg
May262012 169.jpg
この黒帽子だけがこの品種の魅力ではない、、最近つくづく思います^^。
ボディの青光り、赤黄色に散りばめられた小斑の美しさ、など。
May262012 151.jpg
May262012 174.jpg
May262012 159.jpg
メラニンが濃ければ濃いほど他色の魅力が増していく、エンドラーズのメラニンは格別ですね^^。

今週、京葉熱帯魚http://keiyonettaigyo.blog89.fc2.com/
にお邪魔しました。
ランチュウや関東東錦、トサキンなど金魚の稚魚たちが元気に泳いでいました。
金魚外ではディスカスやライヤー・プラティ、ザリガニ各種など「お宅」なファンには有名なお店ですね。
そんな店内にお店でブリードしたエンドラーズのHB(ハイブリッド)がいて^^。
May262012 267.jpg
May262012 275.jpg
May262012 269.jpg
タンジェリン?なんでしょうがエンドラーズの面影がハッキり残っていて素敵ですね^^。
May262012 229.jpg
こんなメラニン系HBも^^。
ぜひ訪問してみてください^^。


熱帯魚 ブログランキングへ





エンドラーズ2006.EJ Black Hat と??? [エンドラーズ2006]

12月に入りいきなりの寒さで東京都でも降雪(但し桧原村)だそうです。
明日も寒そう、、といっても爺は相変わらず上半身は2枚のみなんですが(笑)。

久しぶりに
エンドラーズ2006 EJ名:ブラック・ハット
Endlers2006「Black Hat」
もちろん黒い帽子を被ったような気に入った模様になる魚は少ないですが
エンドラーズが誇る黒=メラニンが目立つお気に入りであることに変わりはありません。
No272011 157.jpg
No272011 158.jpg
No272011 162.jpg
2006年採集魚として送られてきた魚の中にいたこの色彩の魚を固定したものなんですが
ここまで順調に維持出来ています。
特にフィン・ディスプレーの素晴らしさは^^。
No272011 069.jpg
No272011 070.jpg
No272011 074.jpg
No272011 077.jpg
この魚はもっと評価されてもいいのにな、って(苦笑)。

ところでこの寒い中を野暮用で千葉の馬橋まで行ったついでにっと、八柱のペットショップに。
どこの水槽も「ペルー便」のアピストとコリドラスばかりだったんですが
「ペルー産・ワイルド・グッピー 1ペア¥1380」と書かれた水槽が、、。
覗いてみると水面にほとんど色模様のない♂、♀は4尾いましたが1尾除いてあとはヨレヨレ、
でも♀の尻尾の根元に黒い斑点、体型もなんかグッピーとは違っていて。
その♀が気になって家に持ち帰りました。
No272011 138.jpg
No272011 153.jpg
No272011 140.jpg
家で撮影するとご覧のとおり♂はブルー、といっても着色された色じゃなく背びれはグッピー?かな?
♀はなぜか黒い斑点消えてますが体型と泳ぎがちょっと違うような気がします。
家の水槽でも交尾しまくっているので充てペアじゃないようなのです。
大事に飼って産仔させてみようかと思ってます。

エンドラーズ2006採集、雑居水槽から [エンドラーズ2006]

週末に久しぶりに2006採集水槽(60センチ)を丸洗いしました。
普通は気に入った♂個体を選んで固定していくんですが
この水槽は採集された魚のF1をそのまま飼育して3年になります。
様々な色彩模様のバリエーションが混泳していて見飽きることがない、楽しめる水槽です^^。

まずはノーマル?(赤、黒、緑)系、FEb222011 031.jpg
FEb222011 046.jpg
FEb222011 051.jpg
FEb222011 033.jpg
2006系の特色であるギラギラしたメリハリのある模様が鮮やかです^^。

次はエメラルド・グリーン系
FEb222011 055.jpg
FEb222011 057.jpg
FEb222011 045.jpg
このバリエーションはボディの体色に濃淡あって好きな緑に固定するのが難しい、です。

最後はブルー・ネオン系
これは別の水槽で固定しようと維持してますがやっと30%ぐらいの固定率になってますかね、
FEb222011 040.jpg
FEb222011 042.jpg
でもこの水槽からこのブルーを持っていかれても、ブルーの子供が殖やせないとか(失笑)。

いずれにせよ我が家の水槽の中ではエンドラーズの「変幻自在」な色彩のバリエーションを楽しむ
至福な存在ですね^^。
FEb222011 037.jpg

師匠に感謝^^、エンドラーズ・フレーム・テール他、、 [エンドラーズ2006]

エンドラーズ・フレーム・テール
エンドラーズのバリエーションの中でも丈夫で繁殖力が強くて「餌だけやっておけば」タイプ(笑)の魚だったんですが
ボディのブルー色にこだわりすぎたためか肝心の「フレーム・テール」が貧弱になってきていてかつての「花火」を
連想させるような尾びれが見られなくなっていて、、悩んでたんですが、、
June022010 036.jpg
Aug152010 043.jpg

ちょっと前から練馬高野台の師匠の店の隅の水槽で泳いでいるフレーム・テールに気づいてはいたんですが
前回お邪魔した際に全部引き取ってきました。
「これ貴方が持ち込んできたまんま、もう何年になるかね、お宅で状態悪いんなら全部持ってきなさい」
ってことで、綺麗です^^。
Sep252010 021.jpg
Sep252010 033.jpg
Sep252010 035.jpg
尾びれ、「花火」の感じでてますよね^^。
バリエーションの特徴を失わないよう維持する事の難しさを改めて(失笑)、
それにネットワークを持つ大切さにも感激^^。

ライアー・プラティも
プラティ仙人のlyre さんにいただいたこの魚、爺はバルーン体型のライアーを作ろうとして頑張ってるんですが
師匠の店では既に、、
Sep252010 091.jpg
「これも貴方が持ってきた魚の仔なんでけどどういう方向に持ってこうかと思案中でね」と師匠、
「この魚もらってもいいですか?」
「いいとも!」ってことでいただいて帰りました。
家でもそれなりには出来つつあるんですが、、
Sep252010 078.jpg
Sep252010 086.jpg
lyre さんによればいただいたこの♀によって爺の計画実現は1年以上早まる様です^^。
持つべきは良き師匠と友ですな(笑)。

再々挑戦
スファエリクティス・バイランティ Sphaerichthys vaillanti.
何度挑戦しても繁殖には至らないこのチョコグラ1属、マウス・ブリーダーなんですが飼育自体が難しくて
繁殖までに至っていません。
♂が圧倒的な美しさを誇る魚の世界で♀が極美なボディを見せてくれるんです^^。

Sep252010 121.jpg

Sep252010 118.jpg

いつの日か自分で殖やした稚魚抱えて西武池袋線に乗ってみたい、
そんな「夢」実現したいですね^^。

エンドラーズ2006エメラルド・グリーン ライアー・プラティ [エンドラーズ2006]

今日で8月終りだというのに、何ですかこの熱さ!
気持高ぶらせても強い直射に当たると体がついてこない、
「年齢」ってことも影響しているんでしょうが、この熱さが世の中の停滞を生んでいるのかも。
この暑さにも関わらず「エンドラーズ2006」は60センチの雑居水槽で乱舞しております^^。
Aug292010 046.jpg
様々なボディ・カラー、模様、色々あってとても楽しい水槽になっています。

エンドラーズ2006 エメラルド・グリーン
「いつまでたっても固定出来ないな」ってあきらめかけていたんですが3年目の今年になって80%以上の
確立でエメラルド(明るい黄緑)グリーン・ボディの魚が出現するようになってきました。
Aug292010 032.jpg
Aug292010 039.jpg
もともとこの水槽はEJ名:ブルー・ネオンを固定しようと企んだんですが赤や従来のグリーン・ボディの魚ばっかり出てきて諦めかけていましたが最近はエメラルド色が大半で魚の泳ぐ角度によってはブルーに見える魚も多くなっています^^。
Aug292010 036.jpg
Aug292010 040.jpg
Aug292010 043.jpg
爺の推測ではエンドラーズのボディ・カラーは地色と表面の2色の合成になっていて地色は元々ブルーで表面に
赤が乗ると「グリーン」に見え、表面に色がない?と「ブルー」になると考えています、かってな想像ですが(苦笑)。
このエメラルド・グリーン、そしてブルー・ネオンは2006年採集を代表するボディ・カラーだと自負しています。

ライアー・プラティ エンドラ爺風
プラティ仙人のIyreさんからいただいたライアー・プラティなんですがご承知の通りライアーの♂は繁殖能力がないので自分好みの♂を使って好みのボディカラーを楽しんでいます^^。
まずボディに「ミラー」を乗せたくて、これはほぼ完成なのかな^^。
Aug292010 060.jpg
Aug292010 053.jpg
Aug292010 067.jpg
爺の好みの尾の形になっているし、素直に好きですね(笑)。
ここから更にワイン・レッドに真っ赤に染めてしかもボディをダルマにしようかと試作中、
偶然先週生まれた稚魚なんですが、、
Aug292010 085.jpg
まあ、気長に楽しみます^^。


仮称「紅お年玉」?「お中元」or「お歳暮」?? [エンドラーズ2006]

2006年採集エンドラーズの雑居水槽にボディがオレンジのエンドラーズ班のある魚がいて
固定しようとしています。
お年玉の「赤ボディ・タイプ」、仮称紅お年玉と呼んでいます^^。
July042010 007.jpg
このようにエンドラーズ班がピシっと入るのはまだまだ少ないですが、、。
July042010 004.jpg
July042010 014.jpg
July042010 012.jpg
この間友人に
「これ紅お年玉って名付けようとしてる」って話したら
「いやいや、イズやんにお中元って持ってたら「お中元」でしょ?」
「そうだね(苦笑)」。
「お年玉」命名の由来はemo師匠がお正月にイズやんさんに渡したお魚ってことで名付けられたから、ですが
この魚は、この夏には間に合わないんで12月には一様固定させて
「お歳暮」って持っていこうかと(大笑)。

ところで2004年からの固定である「オレンジ・ボディ」
これは2004年のスネーク・スキンからの派生バリエーションなんです。
nemo大師匠に撮ってもらってたスネーク・スキンの写真を見てください。
snake2004.jpg
それでは現在のオレンジ・ボディ。
July042010 022.jpg
July042010 024.jpg
July032010 080.jpg
見事なフィン・ディスプレーを^^
July032010 070.jpg
このバリエーションも年々ボデイに赤味が増して綺麗になっています。

今回の話とはまったく関係ありませんが
最後に今我が家で1番見栄えが良いお魚です^^。
EJ名「エンドラーズ・シルク」
July042010 156.jpg

エンドラーズ2006レッドの色々 + フレーム・テール [エンドラーズ2006]

今回Adrian君宅に寄った際、爺が固定したはずの2004オレンジ・ボディを見てビックリしたんですが(笑)、
June022010 020.jpg
これは「2204スネーク・スキン」から出たバリエーションす。

今回は最近たびたび紹介している2006レッドの固定経過です。
当初は「お年玉」の赤ボディ・バージョン「紅お年玉」を作ろうとしていたんですが、
June022010 010.jpg
こういうのはなかなか(苦笑)。
でも2004型とは大分違う魅力的なバリエーションが出来てきています^^。
June022010 011.jpg
June022010 009.jpg
中でも爺のお気に入りは[るんるん]
June022010 005.jpgJune022010 014.jpg
固定にはまだ大分時間はかかりますがやってみます!!。

2004フレーム・テール
Adrian君宅でも主にグリーン、ブルーなど主にボディ・カラーで固定をしていて素晴らしい魚が多かったです。
爺のところでは最初フレームの大きさや形にこだわっていたんですがなかなか出来ず(苦笑)、
「ボディに模様を乗せたい」ということにこだわって「今」こんな感じになってきています。
June022010 063.jpg
June022010 049.jpg
エンドラーズの楽しみは金太郎飴的な固定でなくブリーダー其々の好みで変えていける楽しみなんだと
Adrian君の魚見ながら実感しました^^。
「今」爺のイチ押し。[るんるん]
June022010 036.jpg
June022010 041.jpg


エンドラーズ2006・ブルーネオン + & [エンドラーズ2006]

2006年採集系バリエーションの中では
エメラルド・グリーン」が出色の魚でした。今でもたまに出現しますが、
May1210 022.jpg
このバリエーションの中からブルーの強い魚を取り出して固定しようとするんですが、例えばこんな魚、
May0610 098.jpg
エメラルド・グリーンにしてもその子でグリーンの発色してくる仔は半分、ちゃんと着色されているとなると
難しい、ブルーだと、、、それでも隔離し選別を続けていたんですが、最近徐々に固定?されてきたのか
出現率が上がってきています。
名付けて「エンドラーズ2006・ブルー・ネオン
May1210 019.jpg
May1210 013.jpg
メラニンのバリエーションもこんな感じの魚もみられます、「レッド・タイプとの比較でお見せします。
May1210 016.jpg
May1210 018.jpg
まだまだですがXJapanではない エンドラーズ・ブルーを完成させようと夢見てます(笑)。

+ &
①シルクに面白い魚がいました^^。
普通の魚のトップソードです。
May1210 054.jpg
この魚はトップソードにピーコック模様
May1210 045.jpg

②ピンボケなんですが
 エンドラーズHB「透明燐」
May1210 122.jpg
♂は独特な妖しさが(笑)。
May1210 044.jpg


エンドラーズ2006・エメラルド・グリーン [エンドラーズ2006]

エンドラーズ2006・エメラルド・グリーン
2006年ラグナデパトス採集バリエーションといえば
前回の「ブラック・ハット」「ニュー・ブラック・ピーコック(NBP)」
それにこの「エメラルド・グリーン」が爺の好みのお魚ですが、、。
いまだに固定仕切れないのがこの「エメラルド・グリーン」、
数は多いんですが(失笑)、
まずはグリーン系
Feb.2910 093.jpg
Feb.2910 095.jpg
Feb.2910 103.jpg
地色のレッドの色合いによってグリーンの濃さに違いが出てきてナカナカ濃いグリーンが出てきません。
ましてバクテリア?か何かが影響して妖しく輝くっていう魚となると、、。
地色とのバランスが崩れるるとこんな、
Feb.2910 109.jpg
Feb.2910 099.jpg
地色から赤が抜けるとかつてEJ名「ネオン」となってブルーに輝く魚になります。
写真技術の未熟さでなかなか「青く」撮れないんですが、、
「ブルー系(ネオン」
Feb.2910 124.jpg
Feb.2910 122.jpg
ネオンの♂で何度も固定を試みていますが、、グリーン系でも同じで難しいです。
まったく普通のスタンダード・タイプからバランスの悪い魚、ほとんど無色の魚まで出現して。
まあ、気長に楽しみます^^。

先週タケさんから届いた「オレンジ:ライン」、
メッチャ格好良く発色してきました^^。
Feb.2910 042.jpg
Feb.2910 047.jpg
既に稚魚もいてますます楽しみです^^。




今年の課題2006系の進捗 [エンドラーズ2006]

2006年採集もそろそろ3年、一様まとめた(固定)したバリエーションとしては
①ニュー・ブラック・ピーコック(これ今最低のコンディションです
June2009 003 (2).jpg
②ブラック・ハット・レッドチーク
Oct.3109 047.jpg
③エメラルド・グリーン
Oct.3109 025.jpg
④仮称「紅お年玉」(笑)
Dec2009 139.jpg
2006系は来た当初から60c水槽に群栄させていて未だに魅力的な個体が出現しています。
Dec2709 087.jpg
Dec2009 083.jpg
Dec2009 100.jpg
Jan.1110 145.jpg
Jan.1110 149.jpg
こういったお魚を選択して新たなバリエーションを作ってみようと想います^^。

前の10件 | - エンドラーズ2006 ブログトップ