So-net無料ブログ作成
検索選択

最終便はやっぱりAdrian君でした、新着続々、真偽色々です、、が、、

フランスやイタリアからは予定の範囲で到着しましたが
予定より大分遅れて米国、マイアミ在住の旧友Adrian君から
今回の海外とのトレード最終便の到着です。
Adrian arrived 001 (640x480).jpg
Adrian arrived 003 (640x480).jpg
Adrian arrived 004 (640x480).jpg
以前と変わらない懐かしいパッケージ、
お魚の詰め込み度合いも同じでした。
今回送られて来たのは
私の夢だった彼ブリードの卵胎生の王者セイルフィン・モーリー
彼に頼んで買ってもらったロケ付きのオレンジライン
です^^。

ポエキリア・ラティピーナ・セイルフィン・モーリー Poecilia Latipina Saifin Mollies
sfhj_jpg_w300h200.jpg

大きな水槽置く場所が出来たらな、、飼いたい!!
原種系の本物を、昔年の夢を実現すべく玄関に90c水槽を設置して
待ってました、でも来たのは1センチの稚魚達、それも半分死着でした。
Adrian arrived 007 (640x480).jpg
15尾中7尾、でも残った稚魚達は元気に90c水槽で元気です。
adrian 君到着 001 (640x428).jpg
成魚になると10センチ越えになる大型魚ですが名前の通り、「ポエキリア」属、
我がエンドラーズの親戚なんですね^^。

ポエキリア・レティキュラータ SP・オレンジライン ベネズエラ エルソト 1996 採集 poecilia reticulate sp.ORANGE LINE- EL SALTO- the "Rio Morichal" at El Salto (50 km east of El Tigre) in Venezuela. Caught 1996 by Karl Mayerhofer and Norbert Svardal
adrian 君到着 008 (640x428).jpg
まだ着いて24時間なので発色途上なんで撮影するのも可哀そう、って感で
この魚らしいブルーの蛍光発色はまだほんの僅かでが、「野生の香り」一杯の魚達です^^。
adrian 君到着 004 (640x428).jpg
復調したら再撮してアップします^^。

フランスやイタリアから2008、2011,2012、2013年採集のエンドラーズが
20パターン以上到着しています。
まだまだ完全に復調している、というまでには至りませんが
徐々に紹介していきます。
私の維持してきたエンドラーズとのトレードを前提に海外から
思いの外たくさんのエンドラーズ(ポエキリア・ウィンゲイ)が集まりました。

今日も紹介したセイルフィン・モーリーやオレンジラインと同じ
「原種卵胎生魚」のエンドラーズ(PW)が大好きな私や私の仲間にとっては
採集者のフィルさんや欧州のトップブリーダーからの魚であっても
自分たちなりに厳しく魚をみて、「エンドラーズ」と呼べる魚を
自分たちで選択して「飼い込んでいく」、
今までのやり方を続けていきます^^。

アクアライフ7月号で3ページに渡って紹介された「ブルースター」にしても
我々の「真偽」の判断ではネガティブですかね。
私もこのパターンを欧州から購入された方は魚の友人だし、
この魚もいただいて殖やしていましたが、
私の維持しているエンドラーズとは違う魚かな、と感じていました。
実は売った方も知り合いですが双方にまったくの悪気があったとは到底思えません。
綺麗だし、写真とそうは変わらないし、私もネットで見た写真のイメージに近づけてみたい
と維持していました。
017 (640x428).jpg
「ボディの太さ」、「色彩の薄さ」、「ソードパターンの多様化」などなど
気にしながらも 結論としては「採集時に既にハイブリッド(HB)」だったらしゃあないな、
ぐらいな程度で思っていたものです。
今回採集者であるフランスの友人フィルさんから送られてきた
「ブルースター」を見た瞬間、そのモヤモヤは吹っ飛んでいきました。
私の仲間も「納得!!」の表情でしたね。
http://ameblo.jp/strix-pockey/entry-11893823978.html
公開するかどうかは悩みましたが
写真を「加工」してご紹介しましょう。何故加工?
雑誌の紹介に合わせてこのブルースターが非常に高価で売られ、しかも
問屋さんでは「本物のコンパーマはこれだけ」みたいな売り文句になっているそうなんで
この写真転用して売ろうとするお店があるかも、ってことで(哀笑)。
Phil&Mario 018.jpg
到着したばかりの撮影ですがボディライン(細く長い)、
凄くメタリックなボディのブルーとオレンジが電飾のように輝くのを
1メートル先から見惚れる。
「綺麗」だけじゃない、本物の「原種エンドラーズ」が本来持っているメタリックな輝き、
こういった目利きを繰り返して、飼い込んで仕上げていく、
このブルースターに見惚れながら私たちのエンドラーズ飼育の
有り様に自信を深めています^^。


他の到着したエンドラーズ(PW)思わせ振りで一匹も紹介しないの??
という方々に、それじゃ^^

新着(まだ名前はない)の1種のご紹介^^
adrian 君到着 009 (640x428).jpg
adrian 君到着 010 (640x428).jpg
綺麗でしょ^^?
腹部のメタリックでギラギラしたスネークスキン、凄い!の一言です^^。

それでは^^






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0