So-net無料ブログ作成
検索選択

「エンドラ爺系」とか「直系」とか?エンドラーズはあくまであなたのお魚の「今=as is」です^^。 [私とエンドラーズ]

本題の前にまずは水草((*゚▽゚*)
アヌビアス・ナナが咲きました^^。

003 (640x428).jpg

爺の全ての水槽は大磯を敷いて「流木付き水草」を入れています。
といっても水草コレクターではないので流木に巻けるミクロソリウムやボルビティスそれにアヌビアスなど
丈夫で安価なものがほとんどです。でもこうやって咲いてくれると何故か癒されますね^^。

このブログもso-netに移って3年ぐらいですが、ほぼ600.000のページアクセス、最近では一日平均500と爺自身も(゚o゚;。「継続は力なり」を実感しております^^。「観て読んで」いただけるブロクとしてこれからも継続していこう、と思っていますので宜しく(*゚▽゚*)。
皆様のご支持あってのブログですが今回は「エンドラ爺」というHNが勝手に一人歩きを始めている、その事がエンドラーズという魚本来の魅力とは違うものになってしまっているのでは?という自戒を込めたお話です。

最近通販やネット・オークションで販売されているエンドラーズの中に「エンドラ爺直系」とか「エンドラ爺系」
と書かれたお魚を見かけます。エンドラーズを熱心に殖やして販売しているお店でもお客様が「これエンドラ爺さんの魚ですか?」と聞かれる事もあるそうです。
爺から直接受け取った魚は間違いなく「エンドラ爺の魚」ですね、でもその子供は?孫は?
それは「ブリーダー=飼育者」の魚なのではないでしょうか?特にエンドラーズの場合は。
最近ここでもエンドラーズはas is=今、の魚と表現しています。
エンドラーズは他の原種卵胎生やプラティ、グッピーの固定種(彼らも1尾1尾違うんだそうですが見かけは統一感がありますね)とは違い、
常に微妙に変化している、同腹でも表現は異なるし1世代跨げばなお変わる、良くも悪くも。
良し悪し(気に入るかそうでないか)はブリーダーの好みで決まる、
これがエンドラーズを飼う楽しさなんですね^^。
だから「エンドラ爺」=私が固定した品種もあるけれど、これも様々なわけです。

エンドラーズ2004 SB オレンジボディ
Endlers 2004 SB Orange Body

041 (640x428).jpg
044 (640x428).jpg

この魚は今、非常にお気に入りです^^。でも爺がホントに気に入っているのは2、3尾ですね。
赤味を強くしていきたい、と想うのですがどう変化していくのでしょうかね。

エンドラーズ2006 SB ブルーネオン(エメラルドグリーン)
Endlers 2006 SB Blue neon (Emerald Green)
008 (640x428).jpg
013 (640x428).jpg

今はBlueの魚いません、好みのエメラルドに輝くのはこれも2、3尾かな。
エンドラーズ班の入り方も様々だしね。

勿論、グッピーとのHBをエンドラーズとして販売しているような方々は論外なのですが。
見ていただいてお分かりの通り爺の水槽でもこんな状態、とするなら
「直系、系」は何のあてにもならない、のではないでしょうか。
ある意味「ブランド」に「綺麗さや固定度」を期待する事はエンドラーズを楽しむ事にはならないのです。
先日、2月に爺の選別漏れのエンドラーズを持込んだ
「京葉熱帯魚」http://keiyonettaigyo.blog89.fc2.com/ 
に行ったんですが、水槽に泳ぐ「シルク(ブルートップソード)の余りの綺麗さに
思わず掬って持ち帰りました^^。
奇形だとかの選別を別にすれば爺の選別は自分の好みを選ぶ作業なんですが「京葉」から来た魚を見ながら交配、飼い方、水質、餌に至るまでどこまで影響が出るのかは定かではありませんが
エンドラーズを「変化」する魚として維持していくべきだな、とつくづく思っています。

3 Spots
久しぶりです。
爺はエンドラーズに戻していますが、、難しいですが楽しくもあり、、です(^O^)。
011 (640x428).jpg
012 (640x428).jpg

それでは原種(爆)
Brachyrhaphis episcopi (ブラキィラフィス エピスコピィ)
022 (640x428).jpg
殖えてますよ^^
020 (640x428).jpg
偉大な母^^
018 (640x428).jpg

それでは。
nice!(1)  コメント(12)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 12

よこちゃん

EJさんの名前が独り歩きしてしまうというのは、エンドラーズの世界においてEJさんが絶対的な存在であって、EJさんが直に育てた魚はエンドラーズにおける至高のブランドであることを証明しているわけですよね^^
大元は自分の魚の血筋であったとしても、流通しているものと自分の魚が全然違うものになってしまっているのに自分の冠がついていたりするのを見ると、とてもやりきれない気持ちになられることばかりと思います。
有名税といいますか、付加価値として利用されてしまうことは、どんな商品でも一流であればあるほど必ず通らざるを得ない道なので、どこかで割り切らないと疲れてしまうと思います ^^
あ、そうだ、EJさんブランド登録商標して、直に出した魚のみ証明書つけちゃったらどうでしょか(笑)
ま、それすらも使って1ペア分はオークションで売りさばく人もいるかもしれませんけどwww
ショップや個人宅にいけば、育て方も環境も選別の仕方も変わるわけですから、少なくともEJさんの直に育てた魚とは必ず変わっていきますよね。
飼育者のセンスと環境によって表現型が微妙に変わってしまうことは私が証明済みです(苦笑)

話変わりますが、ブルーネオンの2枚目個体、ホントに素晴らしいですね。輝きも色彩の乗り方も。マニア以外の人がみても圧倒的な存在感のある魚だと思います。
by よこちゃん (2013-06-18 09:23) 

イトー

一日五百アクセス、やゃ恐れ入りました<(_ _)>
私も普段はROM専ですがそんなに見ている同志がいたのですね!
ブランドというと水草で言うところのトロピカポットでしょうか。トロピカ直系?といえど近所のショップにミクロソリウムの葉っぱの寄せ集め(トリミングのゴミ)をつかまされた時はショックでした。ちゃんと育てて「今」となりましたがそんな感じでしょうか
by イトー (2013-06-18 19:59) 

東條

 お久しぶりです。私にもF1が出来たりしてちょっとバタバタしてました。(笑
 カクミとトクシマでゲットしたEJさんブランド(あ
のエンドラーズもF3までいって選別できるぐらいに増えました
 ブラックハットとオレンジドットをおんなじ水槽に入れてるので表現はばらけちゃってますが♀はボディーとオスはおし色の載りで選別しちゃってます。個人的な妄想としてはブラックハット×オレンジドットで02,04,06の血が混じるんで面白い表現がそのうち出ないかなとーw
 勝手にEJ系とか名乗ってオークションで売るのは如何なものかと思いますが・・。まあでもネームバリューは絶大ですよね(笑
by 東條 (2013-06-18 23:53) 

Char

初めまして。
中国の深センに在住しているCharと申します。
ひょんなキッカケから中国で熱帯魚を飼い始め、出会ったのがエンドラーズでした。
飼い始めた時はエンドラーズという名前すら判らない有様で(中国では生体の名称がいい加減でして)、飼った魚の特徴を手掛かりにネットで検索して相当な時間をかけて漸くエンドラーズという名前に辿り着いた次第です。
その後様々なエンドラーズ関連のブログやHPを拝見し、第一人者であられるエンドラ爺さまのお名前を拝見して以来、貴ブログを読まさせて頂いてます。
エンドラ爺さまのブログを読んでエンドラーズが益々好きになりました。
中国でのエンドラーズ趣味は限界がありますが、貴殿のブログで勉強させて頂きながら、続けるつもりです。
これからも末長くご活躍されますよう、今後とも貴ブログを楽しみにしております。
by Char (2013-06-19 00:24) 

一成

アヌビアス、花が咲くんですね。うちも咲きました。
 我が家の「エンドラーズ」の近況報告!
「フレームテール」 上下のフレームが繋がりそうなのは、2,3匹です。テールに絞って選別しています。
「らぐな・オレンジ」 産仔が墜ちて。ポツポツ産まれるのは
メラニン小さいし。
「お年玉」 順調に増えていますが、これぞ!「お年玉」ってのは、1,2匹 背鰭の色抜けが。
「シルク」 若い♀に切り替えたので、また増えそうですが、
どの様に持っていくか、一番悩みます。
ボディーの色彩か、トップソード太さか?
「ブラック・ハット」 いま我が家で一番絶好調です。
ブルーの色とメラニンの多さで選別しています。
「NBP」 如何しましょう?赤を少なく、黒を多くでやってます。そのうち、出るでしょう「ブルーボディー」
「赤影」 ネオン・ブルーの魚が出ません。青じゃないと赤がのらない(泣)
「ブラック・ドット」 F1で1匹もドットが出ませんでした。F2に期待です。
「2006」 最近変わったのは出ませんが、突然出るのがこの水槽ですね。おもしろいです。
以上が、僕の「エンドラーズ」の近況報告です。
水槽眺めて、思案している時間が、大好きです。
原種は、お会いした時に報告します。
by 一成 (2013-06-19 17:54) 

エンドラ爺

よこちゃん

ありがと、です、やっぱり貴男は優しい^^。
エンドラーズが妖しいほど美しいのに拡がらないのは
「金太郎飴」が品種だという一般的なお魚と違う変妖をしてしまうからだけど、それが楽しくて維持し固定してきたんですが、其々が違う、ってブランドになるわけないし(爆)。
だからって爺の名前使われてもホントに綺麗な魚かっていうと??ようは個体で判断するしかないわけですよね。
今回の記事はクレームっていうより
自分が飼続ける理由、拘りなんですね^^。

イトーさん
「トロピカ社」、、爺とは別次元ですよ(^O^)。
それにしても動植物の「系」って
女性の「美人」と「美人系」以上の格差ですよね(爆)。

東條さん
自分の趣向で楽しんでる様子^^、いいですね。
そういう意味では爺も楽しいですよ^^。
出張あればまた立ち寄ってください^^。

Charさん
外地からの初めてのコメントありがとうございます^^。
爺も香港のモンコックの魚通りで吊る下げられたビニール袋でエンドラーズHBを発見したり広州まで行って「鳥魚虫市場」をチェック、「闘蟋」に興味を抱き飼育道具一式とCD買ってきたこともあります^^。日本では絶え絶えになってきている「生き物」趣味ですが中国では長続きして欲しいものです。
中国のエンドラーズ事情はわかりませんが台湾には結構ブリーダーがいるみたいですね。
引き続きアクセス宜しくお願いします^^。

一成さん
楽しんでますね^^
こういう「観察眼」が
エンドラーズの楽しみなんですよね^^。
1、2週間単位で変わっていくお魚の色合いを眺めて
as is=今の自分の魚を評価し翌週に乞う期待^^。
「変態」真っしぐら!!
一緒に楽しんで行きましょう!!。



by エンドラ爺 (2013-06-20 22:56) 

かーぷ

そうですね、たしかに同じ品種でも頂いてから、1ヶ月2ヶ月たってから比べると雰囲気が全然違いますよね、この間の自分のブログにのせたフレームテールなんかすごくいい例だと思います。数年前ですが某熱帯魚屋に魚をあげた時でも、自分の後ろで『これはエンドラ爺さんの魚ですか?』と聞いてる人がいました、もちろん店長は『はい、そうです』と答えてましたが・・
違うだろというか、いいのか?という思いがありましたね。それ以来それぐらい、いい魚を育てようというのが目標になっています。
by かーぷ (2013-06-21 15:53) 

エンドラ爺

カープさん
「良い雰囲気」も悪いのもこれがas is =今、と思って
維持して行く、この週末も掃除してたら
絶頂状態のオレンジボディの水槽から3センチ強もあるドジョウのような奇形が、、。
他の水槽もこれからの酷暑対応で大幅に選別しました。
原種も3世代目に入って稚魚が殖えないあの危険な「一休み状態」に入るのかと思うとね。
魚のひと月が人生の一年なのかな、って最近水槽見ながら想っています^^。
by エンドラ爺 (2013-06-23 23:57) 

Char

エンドラ爺さま
直々にコメントお返しくださり恐縮です。
1996-2001、2008-現在までHK/中国本土などで過ごしておりますので、旺角の魚通りや広州の花鳥魚虫世界はいったことがあります。
エンドラ爺さまがコオロギにも興味をお持ちでしたとは。
中国での「生き物趣味」の世界は未だ黎明期だと思いますが、プレミアのついたレッドビーが出回っているなど、マニアはいるようです。
ただ、エンドラーズはあまり理解されておらず、人気も低いようで...。
爺さまはじめ、皆様の素晴らしいエンドラーズたちが後世にも受け継がれていってほしい、と心から思います。
小生も中国にいながらブログなど始めまして、エンドラ爺さまのブログを紹介させて頂いたのでご挨拶申し上げます。
コメント欄をお借りして長々と失礼致しました。
by Char (2013-06-24 00:58) 

エンドラ爺

Charさん
貴殿のブログ訪問して勝手に印象かかせていただきました。
当方へもリンクさせていただきました。
宜しく^^。

by エンドラ爺 (2013-06-24 22:15) 

Char

私のようなブログも熱帯魚もドシロウトのリンクを貼っていただけて大変光栄です。
中国という外地での制約はありますが、これからもエンドラーズ・ファンであり続けたいと思っています。
これからもブログにおじゃまさせて頂きます。
by Char (2013-06-25 17:32) 

SILVIA

昨日、コメントカキコミしたのですが、エラーで全滅してしまいました(ノ△T)

なので、改めて(o^-^o)
どれを【エンドラーズ】と言えるのか、私には難しくて解りません。
グッピー×エンドラーズの子は、もうエンドラーズとは言えないですよね。
だからって、そのHBとエンドラーズの子も、また【エンドラーズ】とは、名乗れないですよね?

難しい(x_x;)


今ウチに居る子達も、【エンドラーズ】と言っては、いけない気がしますm(_ _)m
グッピーみたいに、【ドイツイエロータキシード】【ブルーモザイク】等の様に、ハッキリした判別が出来れば良いのですが(-.-;)

5月6月と、グッピー×エンドラーズ?の稚魚ラッシュでした。
今、また稚魚が産まれてます(°□°;)
成長に差が付いて来たので、別の水槽に大きさ別に分けましたが、また更に分けなくてはいけなくなりそうです。
色の付いてきた♂は、変わった柄が見られ、凄く楽しみです。

そして、その傍らで増えてくプレコとコリドラス。
某雑誌に、2ヶ月連続写メが採用されました(〃^ー^〃)


次は、グッピーやエンドラーズ?で載せたいですが、中々写メを撮らせて貰えずじまいです。

なので、今は他の獲物を狙ってます( ̄∀ ̄)
by SILVIA (2013-07-08 02:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: