So-net無料ブログ作成
検索選択

ワイルド・グッピー・コロンビア [Poecilia reticulata (]

今年の爺のチャレンジのひとつは野生下でエンドラーズと交雑可能なワイルド・グッピー=Poecilia reticulata を真面目に飼育してエンドラーズとの比較をしてみよう、ということがあります。
イズやんにお願いして問屋にホンモノだと彼が思ったワイルドを探しておいて、とお願いしてたんですが
去年秋に入れたブラジルパラ州ベレンに次いで
ワイルド・グッピー:コロンビアを入手しました。若い魚が多かったんですが最近色ずきはじめたんですがそのカラー・バリエーションの多様な事、
まずはご覧下さい。
Jan192012 033.jpg
Jan192012 016.jpg
Jan192012 018.jpg
Jan192012 028.jpg
Jan192012 035.jpg
Jan192012 049.jpg
やたらすばしっこくてなかなか撮影が難しく(苦笑)、
まだ発色が始まったばかりの魚も多いんですが
一様トップソード系が多い、、かな。
前回のパラ州の問屋水槽にはバムフォリティクス・スカプリデンスが一緒に泳いでいた、事はご紹介しましたが
今回も原種卵胎生魚が^^
Jan192012 077.jpg
Poecilia caucana (ポエキリア カウカナ)
です。♂だけなんでブリードは出来ませんが原種が一緒に送られて来た、この事でワイルドであることの証明??
なのかな、とかってに納得している爺がいます。
ところでバムフォリティクス・スカプリデンスと一緒に来た
ワイルド・グッピー・パラ州ベレンですが
Jan192012 081.jpg
Jan192012 087.jpg
Jan192012 084.jpg
「綺麗」そのものですね^^。
この2つの水槽眺めてるとこのワイルド・グッピー=レティキュラータは
その後人為的に様々に交雑されて出来上がった三角尾びれ系のグッピーの「美」っていうのとは
まったく異次元の「美」だな、と感服しています^^。
爺はワイルドフォームなんていう曖昧なグッピーよりも
原種のレティキュラータの魅力にすっかり嵌ってますね^^。
エンドラーズとの「原種対決」、楽しみだな(笑)。


nice!(4)  コメント(9)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 9

花やん

コロンビアいいですねえ。これぞ原種の香り。

 20年前もほんとにこういう姿だったような記憶があります。苦労してレースだけ抽出したのがこれ。(あまりよさが伝わりませんが)
http://makoto1014.ocnk.net/product/298

 
 やっぱりコロンビア、ベネズエラあたりがreticulataの故郷だと直感します。
 行きたいなあ。コロンビアなんかで川掬いしてたら銃殺必至でしょうけど。
by 花やん (2012-01-21 08:05) 

NO NAME

ワイルド・グッピー:コロンビア
ワイルド・グッピー・パラ州ベレン
両方とも好みの色目です♪
似て非なる物かもしれませんが
ネットでチラット見たことがある沖縄のワイルドグッピーっぽい色目に似てる感じがしますね~~
ワイルドに近づくと似た感じの色になっていくんですかね~~
by NO NAME (2012-01-21 09:10) 

大郎

さっきのコメント名前書き忘れましたすいません。
by 大郎 (2012-01-21 09:12) 

niziiro

ベレン産が更に綺麗になってますね。コロンビアはこの先が楽しみです。これが真のワイルドなんですね。美しい!

こうして見るとreticulataの血だけで現在の三角尾ができたとは、やっぱり思えないのですが・・・?
by niziiro (2012-01-21 14:07) 

GCT

綺麗は綺麗なんですが、やっぱエンドラーズの
ギラギラ感を知ってしまうと、かすんじゃう感じ
は否めないですね、もし今のグッピーが
reticulataからではなくエンドラーズから
始まっていたら、どうなっていたんだろう?
という考えがよぎりました。

エンドラーズはシルクとブルーが気になっています。
お歳暮も・・・またご無理言うと思いますが、
その時はヨロシクお願いいたします。
ローカリティなども添えて、EJさんに
恥ずかしくないように、専門店のプライドをもって
扱いたいと思っております。
by GCT (2012-01-22 07:20) 

hiwa

三角尾鰭の今のグッピーと交配した結果が見てみたいです。  是非!!
by hiwa (2012-01-22 12:06) 

馬場洋一

はじめまして。
ワイルドグッピー: ベレン
いいですね!
心なしか、エンドラーズを連想する
感じがします。

昨日、ヒーターの暴走でHB.XJブルーエンドラーズが全滅して気が滅入ってます。
写真みて少し落ち着きました。

よろしければ、今度我が家のエンドラーズ達のコメントをお願いします。

by 馬場洋一 (2012-01-22 15:01) 

エンドラ爺

花やんさん
エンドラーズだとベネズエラのクマナ地方ですがコロンビア、トリニダード・トバコにも足を延ばしたいですね、ぜひそういう旅を企画しましょう!。

太郎さん
水槽空けといてください、JLAのオークションで貴方が落札したのが確か「メヒコ・コロンビア」だったと思うので
次はこの「コロンビア・ワイルド」を飼育すべきですね^^。

Niziiroさん
コメントありがとうございます^^。
私はエンドラーズを「原種」として楽しんでいるので
レティキュラータも今の「グッピー」とはまったく違う野生の魚としての綺麗さを追い求めて行きます^^。
エンドラーズほどに鮮烈さはないもののレティキュラータも「妖しい輝き」を放っていますし、エンドラーズよりも豊富なカラー・パターンの出現は飼育を楽しいものにしてくれるでしょう^^。
今の「グッピー」が種を超えてまで遺伝子を駆使して改良された魚だとしたらその努力は評価に価いする逸品だと思いますが、それは犬種に例えればシェパードやヨークシャーなどの雑種の集大成である洋犬種の美しさであるのに対して
エンドラーズやレティキュラータを楽しむのは柴犬や紀州犬など日本犬に見られる交雑することなく純粋種を維持、飼育する趣向なのかと想っています。

GCTさん
改良は野生の輝きを犠牲にして行くんではないでしょうかね。魚送付のタイミングはお任せしますので連絡お待ちしてます^^。

HIWAさん
今年も宜しくお願い致します。
今の「グッピー」との交配こそ貴殿のプロジェクトにしてください、来ていただいて選んでください^^。

馬場さん
始めまして^^。
エンドラーズもレティキュラータも「原種」の持つ妖しい輝きが共通していますよね^^。
貴殿のブログのアドレス教えてください、
ぜひ見てみたいです^^。




by エンドラ爺 (2012-01-24 01:19) 

ビッキー

エンドラ爺様
いつ見ても素晴らしい個体群ですね〜。
それに引換え我が家のは・・・
先日は暖かいお返事コメをありがとうございます。
ブログ始めてみました(笑)
by ビッキー (2012-02-06 14:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0